男の人

役に立つ社内システム

社内

グループウェアとは、企業内における情報を共有したり、あるいはコミュニケーションを円滑にするシステムのことです。メール機能やファイル共有、スケジュール機能の共有などが利用できます。そしてコストの削減にも役立つものとなります。例えばこれまで紙ベースでの回覧情報を電子掲示板に置き換えることで、用紙代や印刷費用を削減できるようになります。また、スケジュール機能を活用することで業務内容の効率化を進めることもできます。例えば過去のプロジェクトや業務にどのような時間の使い方をしていたのかを分析することができます。そこから無駄を省ける部分を導き出したり、利益率を高めるために今後の対策を立てることができるわけです。

グループウェアは情報共有機能が強力なので、様々なコスト削減を行うことができます。例えばワークフローを利用することで決済に関わる業務を効率良く進めることが可能となります。これまでは決済を回す過程で、その途中の責任者が不在となると、その間は稟議が止まることも多かったものです。けれどもグループウェアのワークフロー機能を使うことで、そのような無駄を省き処理の時間を大幅に短縮することができます。グループウェアは使用する端末も選ばずに済むようになるので、出先でもシステムにアクセスすることで決済処理を行えるようになります。このような効率化によってコスト削減を行い、利益率を高めることができるようになるわけです。

勤怠の管理方法を改善

ネットワーク

企業において、勤怠管理は欠かすことができないが、この管理について最近ではクラウドサービスの活用が増えている。クラウドサービスを活用することで、導入コストを抑えられ外出先などからの入力も可能になり利便性が上がる。

もっと詳しく

社員のやる気を保つため

オフィス

社員のモチベーションを高く維持することで、利益率を高めることができます。そのためには、グループウェアなどのツールを活用することができます。コミュニケーションを円滑にしたり、評価を明確にすることでやる気を引き出すことができます。

もっと詳しく

教育は企業で重要なこと

システム

企業にとって育成は非常に大事なことです。しかし上手に育成を回せている企業はあまり多くありません。それは育成を人任せにしてしまっている事も理由の一つになります。人事管理システムを利用して誰が見ても育成状況を確認できるシステムが必要なのです。

もっと詳しく