勤怠の管理方法を改善|社内の共有ツールはグループウェアが良い|便利な機能があるシステム
男女

勤怠の管理方法を改善

ネットワーク

企業において必ず行わなければならない業務として、勤怠管理がある。勤怠管理は、社員の勤務状況を把握し、それに応じて給与計算を行うなど重要な管理業務になる。勤怠管理については、以前はタイムカードで行うなどが行われていたが、最近ではシステムを利用して管理することが一般的である。勤怠管理システムでは、社員に自己申告で勤務状況を入力させシステムで管理する方法や入退室カードと連携させ、入退室時間から管理する方法などがある。これらの勤怠管理においては、企業内でシステムを構築し導入する必要があるなど導入コストの大きなものであった。しかし、近年増えているクラウドサービスを導入することで、導入費用を抑えながら管理可能になっている。

勤怠管理をクラウドサービスとして活用する場合には、社員はインターネットに接続できる環境があれば、どこからでもアクセス可能になる。勤怠入力では、例えば営業マンなどでは外出先で勤怠情報を入力したいケースがある。クラウドサービスを活用することで、外出先においても勤怠情報を入力させることができる。また、クラウドサービスによっては、給与計算などのシステムと連携できるものもある。勤怠管理では、給与計算との関連が強く、給与計算システムとの連携が欠かせないものである。勤怠管理のクラウドサービスによっては、給与計算と連携できるものがあり、このサービスを活用することで、より利便性高く管理を行っていくことが可能になる。