教育は企業で重要なこと|社内の共有ツールはグループウェアが良い|便利な機能があるシステム
男女

教育は企業で重要なこと

システム

育成状況を管理

企業での人材の教育は常に課題を持っています。新人の育った環境は歴史とともに変革しています。教育する側である上司の育った環境とは全く異なります。そのため同じ教育方針を持って育成しようとしても期待通りにことが運ぶことは少ないのです。そのため企業全体が新人を教育する風土を作り、その認識を全員が持つことが大事なポイントになります。早く一人前になってほしいという企業の期待はあります。しかし人材育成は中長期的なプランであることが多く、独り立ちの先にはリーダーシップの育成、そしてマネジメント能力の育成と企業の中核を担える人材へと育てていく必要性があるのです。そのため人事管理システムなどすべての角度からデータベース化した材料をもとに育成を進めることが大事なのです。

中長期的な育成プラン

人任せの育成では、偏りが出てしまいます。教育する側にも得意とするもの、そして不得意なものがあります。どうしても不得意なものは教えることが苦手になります。すべての角度で平等に育成を進めている事を記録し、把握することが大事なのです。それを記録しておくのが人事管理システムです。入社何年目でどのようなポジションにいることが理想であるかを事前にシミュレーションしたうえで、実際に実務を人事管理システムに記録します。そのギャップをトレーニングや教育、研修などを通じて身に着けることが大事なのです。上司が入れ替わってもスムーズに対応することができるようになるためにも人事管理システムは企業の中長期的な育成の実施に役立つのです。